平和会吉田病院|総合診療専門研修について

研修医の方へ

総合診療専門研修

当院は健生会土庫病院の総合医養成PGおよび、健生会大福診療所のFDMI奈良家庭医療レジデンシーPGの協力型施設に登録されています。

土庫病院総合診療医養成PG

1.研修目標

地域とともに歩む総合診療専門医を養成し、地域の健康の増進に貢献し、自ら目標を持ち学び続ける総合診療専門医となることを目指します。
日本プライマリ・ケア連合学会改訂後期研修プログラム(Ver2)に基づき、下記の能力を統合し、地域の診療所や中小病院での第一線の医療を担う医師を養成します。

2.到達目標

1.健康友の会を最大限利用し、班会などを通じて患者教育を体験することができる。
1.患者中心・家族志向の医療を提供する能力
2.包括的で継続的、かつ効率的な医療を提供する能力
3.地域・コミュニティーをケアする能力

2.全ての医師が備える能力
1.診療に関する一般的な能力と、患者とのコミュニケーション
2.プロフェッショナリズム(高い倫理性、生涯学習)
3.組織・制度・運営に関する能力(リソースの活用・マネジメント能力・チーム医療)

3.総合診療医がもつ医学的な知識と技術
1.健康増進と疾病予防(予防保健活動)
2.幼児・小児・思春期のケア
3.高齢者のケア
4.終末期のケア
5.女性の健康問題
6.男性の健康問題
7.リハビリテーション
8.メンタルヘルス
9.救急医療(ERを中心とした)
10.臓器別の問題(心血管系、呼吸器系、消化器系、代謝内分泌・血液系、神経系、腎・泌尿器系、リウマチ性・筋骨格系、皮膚、耳鼻咽喉、眼)
11.行動変容

4.教育・研究
1.教育・指導能力(学生・研修医・患者・組合員・コメディカルに対する)
2.症例報告や、臨床研究「(健康の社会的決定要因(social determinants of health: SDH)」に参加して学会発表する能力
3.スピーチ、プレゼンテーション能力

3.研修期間

総合診療Ⅰ:6ヶ月
大福診療所、河合診療所

総合診療Ⅱ:12ヶ月
土庫病院、吉田病院、おかたに病院、市立奈良病院、天理よろづ相談所病院

内科:6ヶ月
土庫病院、市立奈良病院、天理よろづ相談所病院

救急:3ヶ月
土庫病院、市立奈良病院

小児科:3ヶ月
市立奈良病院、大和高田市立病院

その他:6ヶ月
土庫病院(外科)、吉田病院(精神科、眼科)、市立奈良病院(整形外科、皮膚科)
おかたに病院(泌尿器科)、吉本外科・整形外科病院(整形外科)

4.研修の例

横にスクロールしてご覧ください。

456789101112123
年間1年次 河合診療所(総合診療Ⅰ) 土庫病院(総合診療Ⅱ)
2年次 土庫病院(内科) 土庫病院(救急) 市立奈良病院(選択科)
3年次 市立奈良病院
(整形外科)
大和高田市立病院
(小児科)
吉田病院
(総合診療Ⅱ)
おかたに病院
(総合診療Ⅱ)

注)PMは病棟・時間外・各種会議・友の会活動・往診などを適宜あてる。

5.募集要項
応募資格 初期臨床研修修了者または終了予定者およびそれと同等資格を有する者
募集定員 2名
提出書類 ①履歴書(市販のもので可、写真貼付、メールアドレス記入)
②土庫病院総合診療専門医養成PG応募申請書(所定形式)
③医師免許証・保険医登録票・臨床研修修了登録証の写し
応募期間 随時
研修開始日 4月1日開始予定
研修期間 原則3年間
身分 土庫病院正規職員
待遇・条件

休日
4週6休制、夏季休暇4日、年末年始休暇、年次有給休暇20日

給与
当院規定により支給

時間外手当・当直手当・通勤交通費などは別途支給

福利厚生
各種社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、医師賠償保険)

研修
学会、研修会への参加保障(研修出張費用年間●万円)

応募
お問い合わせ
〒631-0818 奈良市西大寺赤田町1-7-1
社会医療法人平和会 吉田病院 医局事務課 宛(担当:医局事務課 山中)
TEL 0742-45-4601(代表)
FAX 0742-45-9382
MAIL ikyokujimu2@heiwakai.or.jp
6.受け入れ実績

2008年 1名
2009年 1名
2010年 1名
2011年 1名
2014年 1名
2017年 1名
家庭医後期研修PGとしての受け入れ

FDMI奈良家庭医療レジデンシーPG

1.研修目標

□地域を活動の拠点とする診療所もしくは中小規模病院において「患者中心の医療」「家族志向型のケア」「地域包括ケア」を包括的かつ継続的に実践する家庭医になること。

□介護・福祉・地域保健のネットワークをリソースとして、常に「生活者」の視点で医療を提供する家庭医となること。

□その実践のために孤軍奮闘するのではなく、ネットワークづくりやチーム形成を行なっていける能力を養うこと。

□プログラム修了後も、家庭医として必要な「患者のケア」「医学的知識」「コミュニケーションスキル」「プロフェッショナリズム」などについて生涯にわたって深めていくことができる態度、技能を獲得すること。

2.個別目標

育てたい2つの医師像
地方都市型診療所で家庭医療を実践する医師
中小規模病院で家庭医/総合診療を実践する医師

当プログラムは診療所を基盤とした3年間の研修を経て「家庭医療専門医」を取得し、地方都市型の診療所、もしくは中小規模病院で活躍する幅広い力量を持った家庭医/総合診療医の育成を目指します。複雑な疾患と病い、介護・福祉領域を含めた健康問題を持つ患者、家族、地域に対して継続的に診療を展開、後進育成や医療チーム形成を促進する教育やマネジメント能力を身につけます。また、研修修了後も自ら学び続けるknow-howとvitalityの基盤を養います!

3.研修施設

大福診療所、吉田病院(312床、内科99床)、土庫病院(199床)、市立奈良病院(350床)、大和高田市立病院(320床)、天理よろづ相談所病院(815床)、おかたに病院(150床)、土庫こども診療所

4.研修の例

横にスクロールしてご覧ください。

456789101112123
年間1年次 オリエンテーション 総診Ⅱ 小児科
2年次 土庫病院 大和高田市立病院
3年次 診療所外来継続研修

横にスクロールしてご覧ください。

456789101112123
年間1年次 救急 内科
2年次 市立奈良病院・天理よろづ相談所病院などから選択
3年次 診療所外来継続研修

横にスクロールしてご覧ください。

456789101112123
年間1年次 総診Ⅰ
2年次 大福診療所
3年次 診療所外来継続研修

・上記を基本スタイルとしますが、志向、将来の方向性によって柔軟に対応します。
・診療所1ヶ月からスタートすることによって、3年間の研修の方向性を見出します。
・ローテート期間も診療所での継続外来を担当します。

5.募集要項
応募資格 初期臨床研修修了者または終了予定者およびそれと同等資格を有する者
募集定員 2名
提出書類 ①履歴書(市販のもので可、写真貼付、メールアドレス記入)
②医師免許証・保険医登録票・臨床研修修了登録証の写し
応募期間 随時
研修開始日 4月1日開始予定(但し、中途の時期からの開始も相談に応じる)
研修期間 原則3年間
身分 正規職員
待遇・条件 休日
4週6休制、夏季休暇4日、年末年始休暇、年次有給休暇20日

給与
1年次月額…517,000円(住宅手当等、基本的な手当て含む)+一時金(夏・冬)
2年次月額…535,000円(住宅手当等、基本的な手当て含む)+一時金(夏・冬)
3年次月額…593,000円(住宅手当等、基本的な手当て含む)+一時金(夏・冬)
時間外手当て・当直手当て・通勤交通費などは別途支給

福利厚生
各種社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、医師賠償保険)

研修
学会、研修会への参加保障(研修出張費用年間●万円)
応募
お問い合わせ
〒631-0818 奈良市西大寺赤田町1-7-1
社会医療法人平和会 吉田病院 医局事務課 宛(担当:医局事務課 山中)
TEL 0742-45-4601(代表)
FAX 0742-45-9382
MAIL ikyokujimu2@heiwakai.or.jp
5.募集要項

2008年 1名
2009年 1名
2010年 1名
2011年 1名
2014年 1名
2017年 1名
家庭医後期研修PGとしての受け入れ

当院の医師採用や研修プログラムなどについて、詳しくは下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

TEL.0742-45-4601

受付時間:9時~17時